HOME

Tシャツのれきし

 

Tシャツの誕生

 

Tシャツが生まれたのは、スポーツウェアとしては約80年前にさかのぼるんだ。元々は、男性用の下着という目的だったものだったんだけど、しばらくするとアートとしての芸術作品、私達の政治的な面でのメッセージの代弁者、現在ではオシャレ着、ユニフォームなどなど、今やいろんな面で利用されて活躍しているTシャツ。

その人気は今始まったことではなく、第一次第二次世界大戦が、Tシャツブームの大きな引き金となった。米国海軍から広まったTシャツブームは1939から1945年の第二次世界大戦後には、すぐ米国陸軍の公式肌着として採用されたんだよ。

 

第一次世界大戦中に開発されたスポーツシャツでも、ポロシャツ風なものが通販カタログなんかで、比較的に低い値段で流通するようになって、1930年ごろには、下着製造会社だったヘインズ社がコブ・シャツ(いわゆる水兵シャツ)と名付けたとのらしいんだ。


TOP

 

新しいタイプのTシャツ誕生

 

1941年になった頃には、米国海軍は次の戦争に向け、シアーズ・ローバック社のデザインの元で、丸首で綿100%のTの形をした新しいタイプのTシャツを準備した。Tシャツは戦争での極限状態ではタオルとか、防塵防煙マスク、帽子、必要であれば白旗なんかにも活用できることもあって、数多くの目的を果たに関わらず、米国の解放をもたらす民主主義シンボルとして定着していったんだ。


そして、今現在、私たちになじみの深い身近にあるTシャツは1948年頃には、スポーツ、又はレジャーの為にデザインされたものがTシャツとして誕生してきたのだ。


TOP


Tシャツの名前の由来は?

 

実は、なんでTシャツと言われているのか真実の由来は未だ明確ではないんだ。一番有力な説としては、Tシャツ自体の形がTの形に似ているからTシャツと呼ばれるようになったと言われている。でもその他にも陸軍がtraining shirt(トレーニングシャツ)として使っていたからTシャツになったという話も存在するんだよ。

 

ちなみに、英語で「tee」と言って、Tシャツを指すんだけど、これは腕の長さが短いって言う表現の「amputee」からきているみたいだね。


TOP

下着からファッションアイテムへ

 

下着として、Tシャツから街着へと変身を遂げたきっかけというのは1951年の「欲望という名の電車」っていう映画でマーロン・ブランドがTシャツ姿で町を歩き回ったこと、更に1955年の映画で「理由なき反抗」でジェームス・ディーンが着た事につながりがってるんだ。革ジャンの下に、Tシャツを着て、バイクに乗る姿に若い人達は憧れを抱いた。それからというもの、Tシャツの前や背面にグループ名などを書きなぐったのLOGOとか、図柄入りTシャツの始まりになったんだ。

 

さらに、ファッションとしてTシャツが受け入れられたのは、映画俳優や女優がTシャツを着用したことが大きく影響しているんだ。1950年頃には、革ジャンの下にTシャツを着るっていうファッションが不良少年達の間でかなりの大流行。他にもマーロン・ブランドやジェームス・ディーンが映画の中でTシャツを着ていたことや、マリリン・モンローもTシャツを着ていたことから一般的な流行ファッションとして、Tシャツはなくてなならない存在になったんだ。この頃から、若者達の間で、胸元にロゴや文字ががプリントされたTシャツが流行し始めていったんだね。


1960年代に入った時には、Tシャツはストリートでも見受けられ、クリスチャン・ディオールやニナ・リッチ、ジャック・エイムなどを始めとした様々なデザイナーズブランドがTシャツを発表するようになっていきたんだ。その一方では印刷技術も発達して、シルクスクリーン印刷とか転写が可能となったので、既製服メーカーもいろんな色やデザインのTシャツを製造するようになった。そしてプリントTシャツとかロゴTシャツが大流行していったんだね。今ではオリジナルデザインTシャツが人気で、多く見かけるようになってきたよ。Tシャツの魅力の幅が広がっているようだね。

 


TOP

 

pickup

胡蝶蘭の販売

2018/11/8 更新